top of page

オゾンナノバブル技術を使った
製品について

オゾンナノバブル技術を使った
製品について

オゾンナノバブル水配合
ナノスリークリーム

Coming soon

オゾンナノバブル水配合クリーム
ナノスリークリーム

ナノスリークリームの使用方法について

顔を含む身体全体に適用できるナノスリークリームは、目の周りや唇など、薬を塗るのが難しいデリケートな部位にも適しています。以下では、ナノスリークリームを顔に使う方法の代表例を紹介します。

顔の保湿について

ナノスリークリームは、肌表面に薄い膜を形成し、肌の水分を保護するのに最適です。洗顔後や入浴後のスキンケアの仕上げとして、ナノスリークリームを塗布することで肌の水分を封じ込め、保湿効果を高めます。まずは化粧水などで肌をしっかりと潤わせ、その後にナノスリークリームを使用することをお勧めします。

メイクの下地として

ナノスリークリームは、メイクの下地としても活用できます。肌を整えるために化粧水や乳液を使った後、少量のナノスリークリームを手のひらで薄く伸ばし、顔全体にやさしくなじませます。ベタつきが気になる場合は、軽くティッシュで抑えるようにしましょう。ナノスリークリームを下地として使用することで、ファンデーションのムラができにくくなるでしょう。

唇の保湿について

唇は顔の中でも特に皮膚が薄く、非常にデリケートな部位です。そのため、定期的な保湿ケアが必要不可欠です。こうした唇のケアにナノスリークリームは有効です。
使い方は、適量のナノスリークリームを唇に薄く塗るだけです。この際、唇のしわを埋めるように、縦方向に塗布するのがポイントです。

マッサージオイルとして

ナノスリークリームをマッサージオイルとして使用すると、マッサージ中の手と肌の摩擦から肌を保護してくれます。顔のマッサージに使用する場合は、通常の保湿時よりも多めの量を手に取り、丁寧に手のひらで広げてから顔に塗り、マッサージを行います。マッサージ後、ベタつきが気になる場合は、ホットタオルなどを使って優しく拭き取りましょう。

ナノスリークリームは、顔だけでなくマルチに活用できるアイテムです。
家族全員のスキンケアや全身のケアに最適です。
​例えば、、、

ボディケア

入浴後の肌に、ナノスリークリームを手に取り、ひじやひざなど乾燥が気になる部分になじませます。硬くなりがちな肌がしっとりと柔らかくなります。かかとのケアにもおすすめです。

爪のケア

爪の生え際や指先に少量のナノスリークリームをすり込みます。塗布後に手袋をするとより効果的です。

ナノスリークリームの使用上のポイントは?

ナノスリークリームは肌を柔らかく保護してくれる一方で、塗り過ぎると肌をベタつかせる可能性があるため、使用量には注意が必要です。初めは少量から始め"薄く"、"優しく"という塗り方がポイントです。
 

さらに、先に述べたように、ナノスリークリームは皮膚表面に膜を形成し、水分の蒸発を防ぎます。そのため、ナノスリークリームのみを使用すると、肌表面はべたついたままで内側は水分不足となり、肌が乾燥してしまう「インナードライ」を引き起こすことがあります。必ず化粧水や美容液で十分に水分を補給した後に、ナノスリークリームを使用するようにしましょう。


ナノスリークリームを日々のスキンケアに取り入れて、うるおい溢れる美しい肌を目指しましょう。
 

ナノスリークリームの美容成分

スクワラン

スクワランは、人間の体内にも存在しています。皮脂にも微量含まれており、肌の乾燥を防ぎ、バリア機能を強化する役割を果たします。30代をピークに分泌量が急激に減少し、不足すると肌が乾燥しやすくなり、しわやシミの原因になる可能性があります。そのため、エイジングサインが現れる前に、毎日のスキンケアでスクワランを補給することが重要です。

また、スクワランには肌の保湿だけでなく、さまざまな美肌効果が期待できます。以下では、その主な効果を2つ紹介します。
 

肌に潤いを与える

スクワランは「エモリエント作用」に優れた成分で、肌の水分蒸発を抑えて皮膚を柔らかくします。スクワランを使用することで、肌表面に水分を閉じ込めて潤いを保ちます。また、スクワランは粒子が細かく、皮膚に浸透しやすい特性があります。

新陳代謝を促進する

スクワランは、新陳代謝を活性化し、ターンオーバーを促進することが期待されます。ターンオーバーとは、新しい皮膚が生成され古い皮膚が剥がれ落ちるプロセスのことで、約28日の周期で行われます。この周期が整っていることが肌の健康にとって重要であり、ターンオーバーの正常化により肌の状態が改善され、活力を取り戻すことができます。

オリーブ果実油

主成分であるオレイン酸は、肌との親和性が高く、水分蒸発を防止し、肌を柔軟にする作用があります。これにより、角質のざらつきや小じわを軽減する効果が期待されます。

オリーブ果実油には、エモリエント効果、洗浄作用、抗酸化作用、角質軟化作用、美白効果などが期待されます。肌にうるおいとハリ、つやをもたらします。

スクワランとオリーブ果実油のエモリエント効果

化粧品におけるエモリエント効果は、「皮膚からの水分蒸発を抑え、肌をしっとりと保ち、柔らかくする」ことを指します。

bottom of page